神戸文学館ホームページ

2019-12-9 改定

■「企画展の楽屋裏その四」を発行■
企画展「トアロード~お洒落で不思議な国際通り」の会場資料「企画展の楽屋裏その四」を発行しました。第4弾は坂道のファンタジーを描いた稲垣足穂の話が中心です。また、トアロード周辺を散策した堀辰雄とのエピソードも紹介します。「その一」(谷崎潤一郎とトアロードなど)、「その二」(久坂葉子など)、「その三」(西東三鬼など)も会場に置いています。よろしかったらどうぞ。

■表紙の中の小松左京~蔵出し展示第4弾■
神戸文学館が所蔵している資料を展示する「蔵出し展示」の第4弾を始めました。今回は「小松左京」です。今回の展示のメーンは、晩年に50巻まで発行された「小松左京マガジン」。その表紙には様々な「小松左京」の姿が描かれました。アンパンマン風、ルパン三世風は誰もが知っているタッチ。そのほかにも意外な人が小松を描いています。 また、「モリ・ミノル」という名で発表していた漫画の復刻本も展示しました。どうぞご覧ください。

■様々な顔を見せるトアロード■
企画展「トアロード~お洒落で不思議な国際通り」を開いています。トアロードは居留地と山の手の住宅地を結んだ神戸を代表する坂道。昔から文学の舞台になってきた道でもあります。谷崎潤一郎はお洒落で高級な街として、稲垣足穂はファンタジーの舞台として、西東三鬼はコスモポリタンたちが集う場所として描いています。様々な顔を見せるトアロードをご覧ください。

■陳舜臣コーナーを新設■
神戸ゆかりの作家・陳舜臣のデビュー作初版本や直筆原稿(複製)、写真などの資料を集めた「陳舜臣コーナー」を常設展示スペースに新設しました。また、サロンの書棚には陳舜臣全集をはじめ『枯草の根』『三色の家』といった初期のミステリーのほか『阿片戦争』『小説十八史略』など代表作として知られる中国歴史小説などを並べた陳舜臣の閲覧コーナーも設けています。陳舜臣の企画展は終了しましたが、神戸を愛した作家の資料や作品の一端をお楽しみください。