神戸文学館ホームページ

2017-9-4 改定

■「海岸通の人々」会場資料「企画展の楽屋裏」発行しました■
 神戸開港150年を記念した企画展「海岸通の人々」が始まりました。神戸港のメーンストリートとして発展を見守ってきた海岸通。企画展では、海岸通や栄町通といった街路の様子を文学作品とともに展示します。明治、大正、昭和の時代の雰囲気をお楽しみください。また探偵小説作家時代の陳舜臣を取り上げるとともに、ゆかりの品も展示しています。ぜひご覧ください。
 会場資料「企画展の楽屋裏」も発行しました。第1弾は陳舜臣が少年時代を過ごした「三色の家」を写真から探します。


■文化人たちの小世界■
 神戸文学館が所蔵している資料を展示する「蔵出し展示」の第3弾を始めました。今回は「明石豆本らんぷ叢書」です。昭和47年から49年にかけて発行された豆本シリーズ。当初は100編の発行が計画されましたが、残念ながら26編で終わりました。表紙には1冊ずつ異なる「らんぷの絵」が描かれており、表紙を見るだけで楽しくなります。
 また、第2弾の「現代漫画大観」も展示していますので、あわせてご覧ください。