神戸文学館ホームページ

2018-5-26 改定

■漱石先生の「職業論」~6月の文学講座■
 6月の土曜サロン文学講座は、企画展「装丁の美術館」でも取り上げた夏目漱石がテーマです。明治44年の関西講演旅行で、漱石は明石でも「道楽と職業」と題して話をしました。「働き方」について何かと話題になっている昨今ですが、100年あまり前の漱石先生はどんな「職業論」を展開したのでしょう。ちょっと聴いてみませんか。
 申し込みは☎078-882-2028まで。

■時実新子コーナーを新設■
 川柳作家・時実新子の『川柳大学』創刊号や直筆原稿(複製)、写真などの資料を集めた「時実新子コーナー」を常設展示スペースに新設しました。昨年の特別展の際に置いていた「新子日録」のコピーもご覧いただけます。
 一方、蔵出し展示の「現代漫画大観~百年前が見えてくる」は終了しました。

■文化人たちの小世界■
 神戸文学館が所蔵している資料を展示する「蔵出し展示」の第3弾を始めました。今回は「明石豆本らんぷ叢書」です。昭和47年から49年にかけて発行された豆本シリーズ。当初は100編の発行が計画されましたが、残念ながら26編で終わりました。表紙には1冊ずつ異なる「らんぷの絵」が描かれており、表紙を見るだけで楽しくなります。